忘れないうちにもっかい書いとくで~。
マニラマスター観戦記Day1 - マニラに着きました、開幕ボッたくられかけました。
これの空港タクシー詳細編やぞ
もしマニラに大会観戦行くことあったら参考にしてほしい。ほんま気分悪い空港やであそこは
正式名称 Ninoy Aquino International Airport ニノイ・アキノ国際空港
マニラ空港とかNAIA空港とも呼ばれ世界最悪の空港に選ばれたこともある。
ちょっと前に空港職員が荷物の中に銃弾押し込んで恐喝とか話題になったよね。
まあフィリピン全土があまりよろしい評価ではないんやけどな。

外務省の塗り絵マップ
793

792


そんなフィリピンに英語もろくにできないまま到着。
ジェットスターはターミナル1。

両替を済まし、Simカードの設定もしてもらい恐る恐る到着ロビーから出る。
時間は24時前、お外暑い、よくわかんない、困った。
下にいくと戻ってこれるかわかんなかったからとりあえずこの階でタクシーを探してみる事に。

マニラ空港


横断歩道渡って下におりれるの確認してから①のしょぼいカウンターに居る制服きたおっさんのほうに歩く。
到着すると②のほうから腕に墨入れたガラの悪そうな兄ちゃんAがこっちにくる。
制服きたおっさんに印刷してきた旅程表みせながらタクシーのりてえんだけどって言うと横から来たAがこっちやみたいな感じで旅程表を奪う。
制服着たおっさんにほんまか?みたいな顔して聞くも引き止めるで行けみたいな仕草で手を振る。
うーん?
スーツケースも持ったるわみたいな感じやったけどそれ許すとダルそうやったから拒否。Noと言える日本人
③の謎のお店みたいなとこに連れてかれる僕。ガラス張りだから外見えるし外からも見えるよ
とりあえず旅程表は強引に取り返す。
マニラ空港2

その中のカウンターに1人制服きた空港職員みたいなのがいた、この人も反応悪い。
横には小さなブースが並んでる、英語でなんかと日本の車外車の名前もあった、日産かそのへんだった気がする
そしてAがいなくなって悪そうなやつBがくる、すこ~しだけ日本語できるようだ。
Bはおもむろにしょっぼいブースの中に入りよっれよれの料金表をどこからか出す、これは噂の偽料金用なのでは!?
マニラホテルまで2800ペソだった気がする、2.2かけて6160円くらい。はい高い
クーポンタクシーでマニラホテルまで530ペソってこっちはもう知ってんだよ!
これはもう確定でしょ、俺のお尻があぶない!!or 強盗チャンス!!!
そっからはもう押し問答よ、高えよ高えよ
タカクナイヨータッタノゴセンエン セーフティー エアポートタクシー
指差すタクシー車体になんも書いてねえしきったねえ。
待機してる運ちゃんも悪そうなやつはだいたい友達みたいやし。
これがSteamなら即ブロかまして終わりやねんけどここはリアルワールド。
Pinoy相手にキレたらアカンて聞くし、そもそもヒキオタの俺とか囲まれたら負け確定やしほんま困った。
めえええええええっっっちゃしつこい。
日本人なら絶対諦めるくらいの断り方しても折れない。
Noと言えても日本人は弱い。
俺はよそいくんじゃもうええんじゃって言っても来る。
正直もうタダでもノリたくねえよてめえらのタクシー(´;ω;`)
1000ペソまで下がってニセエンニセエンね、セーフティーよ。
いや高いって。
じゃあなんぼならええねんて聞いてくる、いやいやその料金表はなんやねんと。
最終的にわかった、よそみて帰ってくるからじゃあなっていって一か八か到着ロビーの前まで強引に移動しゅる。
到着ロビー入り口まで逃げたら流石にこなかった、警備員超無能だけど一応効果あった

たぶんあのブースはレンタカー屋のスペースで深夜だからもう店員がいない。
そこに勝手に入り込んで好き勝手やってるんじゃないかなって思ったんやけどどう?

これでもう左サイド、デルピエロゾーンでのタクシー捜索が不可能になりUberやGrabのアプリ系か思い切って下まで行くの二択。
アプリタクシーどこまで来てくれるかわからないしこんなとこでクレカ登録したくねえし下に行く。
後から考えたらあの右のGrabって書いてあるカウンターんとこで待ってりゃよかったんやろうな。当時そこまで頭まわらず
制服きた職員数人とクーポンタクシーって書いたカウンター。
これで勝つる。
女性職員にマニラホテルまでなんぼか聞く
850ペソやで~
あるぇ~??深夜料金?それとも俺が調べた料金が古い?成長著しいマニラやし?グルグル考える

正直上での事件で怖くなり萎えてた僕はもう800ペソでもいいやってなってた。24時まわってたし
俺の知ってるクーポンタクシーはカウンターで金払ってなんか書いてもらってタクシーのる。
でも深夜の小遣い稼ぎか深夜料金かなんかしらんけど運ちゃんに直接払うスタイルやったわ。
俺出せる細かいのが700ペソか1000ペソしかなくてそこにおった運ちゃんはお釣りもってなかった。
フィリピン人お釣りもってねえんだよな、少額だとちょろまか文化がある。
そこでお釣りもってるタクシー呼ぶわってなり到着した運ちゃんに金払ってレッツゴー。

スーツケーストランクにいれたままとんずらされたらどうしようとか、制服着た嘘つき達やったら詰みやなあとか色々考えつつ乗ってた記憶があるわ。
途中から運ちゃんとゲームの話で盛り上がりホテルにも無事到着。
まず検問でタクシーチェック、麻薬犬かなんかが車クンクン車体の下チェックトランク確認OK GO。
ここでフィリピンきてホッとしたと同時に、ここまでやらなあかんねんなってちょっと怖くもなった。

しょーーーーーーじき舐めてた。
少しだけ予習していってたしもっと余裕かと思ってたわ。
ぜーんぜんそんなことないやんけ!深夜着怖いわボケ。

今ちょっと空港のサイト調べたけどやっぱりマニラホテルまで530ペソやったわ。なんやねんw
fuck空港職員。
帰りの飛行機でも搭乗手続きしてトイレいこうとしたら清掃係みたいなのに
タバコ?タバコ?みたいに声かけられた。
職員用の部屋だかなんかでタバコ吸わして小遣いセビってるらしい。
どてるでさん、あんたの空港まだまだあきまへんで。

空港のタクシーなんて絶対使わないほうがいいわ、嫌な思いするだけ。
文化が違います。

俺はその後全部Uberで移動した、14回乗車したけど1回も問題なかったわ。
Grabでもいいらしい。
簡単な説明。
アプリで目的地を指定するとGPSで迎えにきてくれてそのまま連れてってくれる。
料金も最初から表示されてるしタクシーの位置もも迎えから乗車完了までずっとGPSでわかる。
運ちゃんの評価も表示されるから結構安心、不良ドライバーはえんがちょらしい。
現地で知り合ったPinoyフレンズもお前タクシーは何使ってる?GrabかUberにしろよ、絶対だぞ!絶対だからな!!
って日本ならダチョウ倶楽部のフリになるくらい強く言われた。

どっちのアプリも直感的に操作できるけどUberなら日本語になってるしそっちのが使いやすいかもね。

Uber
Grab

以上マニラの洗礼クソタクシー編でした。
マニラのタクシーうざいだけじゃわかんないくらいうざかったので書いたわ。
客引き編に続く かも


TAXi④ (字幕版)

スポンサードリンク