DreamHack現地観戦記その1 動機、下調べ編の続き

飛行機と宿は完璧だ!現地バスに少しの不安を残すも荷造りを開始するむじお。
DSC_0287
このRUiNてゲームはBloodline Championsみたいな奴、アルファかなんかっぽい。
実況もついててずっと盛況だった。



まず一番最初に悩み最後まで悩んでたのが服装。
11月12月のスウェーデンの気候は北海道と同じくらいだったはず、まあ寒い。
けど会場って暑いの?寒いの?さむかーないけどあつくもないんかな?ううううん???
過去のDreamHackの写真や動画を漁る、半袖もいればパーカーとか着てる人もいる。
寒いとこの室内はあったかいって決まってるけどあんなでっかいとこでも暖かいんか?
DSC_0338

上の二枚見ただけでも薄着と厚着が合わさって最強に混乱させてくれる。
よくみたらジャガノおるね、その後ろにはタンクトップマッチョ。
たしかこれスマブラのはず、スマブラキッズはおらずw まあ64の奴やったしね
結論からいうと生温いとことヒンヤリしてるとこがあった。

こんな感じで全然現地の情報もないからとりあえず色んなのもってった。
暖かいダウンからボード用のハードシェル、ロンTに半袖シャツ、パッチにカイロ。
結論から言うと街観光用のちゃんとした防寒着に会場用の脱ぎ着で調節できるアウターがあれば余裕だったわ。
僕は暖かいダウンに加えてユニクロのウルトラライトダウンみたいな奴もってって大正解やった。
飛行機の機内にバス移動に会場に大活躍やったわ、雨ふったらこれの上にハードシェル着てこって思ってたし。
5000円のくせになかなか出来る奴だった、脱ぎ着もしやすいしくるくる適当に丸めてほり込めるのもよかった。
コスパ最強で今回の旅行の便利アイテム四天王の1人。

ホテルは両方とも寒くなかった、最初のホテルは部屋にエアコンついてた。
Scandic Elmiaにはたぶんなかったんかな?ロンTかスウェットで余裕な感じ。
寒い国特有の意外と部屋のなか寒くないシステムやと思うわ、蓄熱とかねえこっちのが寒いし。


第二の懸念事項がスウェーデンのトイレ事情。
日本と違ってウォシュレットがないんや。ていうか海外だとそんな普及してないっぽいね。
日本のウォシュレット普及率75%とかどっかで見たけど、駅のトイレとかにも設置されてるの見るとそんなもんなんかなあとも思えるよな。
そんな環境になれてしまったもんだから僕のおしりの穴は甘やかされ軟弱貧弱になっていると予想される。
ジャンプみたいな安っすい紙でケツふいたら死ぬことが容易に予想された。
そこで悩みに悩んで購入したのがパナソニックの携帯用おしり洗浄器 ハンディ・トワレ
Panasonic 携帯用おしり洗浄器 ハンディ・トワレ ターコイズグリーン DL-P300-G
5000円するし威力も不安やしって思ったけど金にケツは代えられないということで購入。
完璧に仕事こなしてくれました、彼が便利アイテム四天王の1人にして今回の旅行のMVPです。
詳しくは今後の日記で書くか書かないかしらんけど彼がいなければ僕のケツの穴は完全敗北していたことでしょう。
威力なんだけどそのへんのウォシュレットの最強がハイドロカノンで僕が求めてるのがハイドロポンプくらいの威力。
このハンディトワレはハイとローの2種類のわざをもっるんやけど、バブルこうせんとみずでっぽうって感じやった。
付属のタンクだと2~3回補給しないと僕のケツは満足しなかった、ペットボトルつけたらそのへんは解決しそう。
ウルトラダウンについてたポーチに入れてました。
ケツ問題解ケツ ケツだけにwwww


せっかくの海外旅行だし動画もとりてーよな!写真はスマホでいいよな!!
ってことでビデオカメラも新調、かろうじてHDのビデオもってたんだけど古いだけに画質が悪すぎた。
普通のハンディカムにするかウェアラブルカメラにするか超悩んだ末にウェアラブルカメラにする、スノーボードでも使えるからね!
GoProとSonyので悩んだ結果手ぶれ補正ついてるSONYのアクションカム HDR-AS200Vにした。
SONY HDウェアラブルカメラ AS200V アクションカム HDR-AS200V
これはちょっと失敗やったな。
このビデオカメラって単体で撮影画面確認できないんだよね、オプションの腕につけるキットかスマホに接続しないと。
たけーし腕輪いらんわ めんどいし両手塞がるからスマホで確認とかせんしw
これがよくなかった、カメラをリュックや帽子、体につけるハーネスタイプとか色々あったけど現地でどうなるかわからんし今回は手で持とうって思って行ったのがあかなんだ。
帰ってきて動画確認したらカメラの位置が低い!やたら傾いてる!!手ブレ補正あるけどそれでも結構ブレてる!!!
oh NO!!
ホテルかえってからとりあえず確認すればいいのにそれすらめんどくてしてなかったからね、ひどい話だよ。
4時間くらい撮影してるんだけど全部グダグダ、あかんやんw
それでも1日目と3日目くらべたらマシにはなってたけどね、成長はしてた。
カメラ自体はいいものだし買ってよかったと思うけど、なんかしらの固定手段考えていくべきやった。
それか普通のハンディカム買っていくか。
ちょっとだけ反省。


あとはまあ普通の旅行と一緒かな?
Kindleとか小説とか色々暇つぶしアイテムもってったけど飛行機では寝てるか映画見てるかやったな。
ネックピローはまあまあ役に立ったけどなくっても問題ない感じ、無印良品のビーズネッククッションな。結構いい
飛行機はヘッドレストがまあまあよくていらなかったね、バスでは役に立った

じゃあ残りの四天王どこいったんやっていうと3人目はモバイルバッテリー君やね。
僕が持ってったのはcheeroの13400mAhのやつ、これは元々もってたんだけどこんな容量いらなかったわ。重いし
cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー  [ 国産Sanyo/Panasonic高品質電池搭載 ]  iPhone 6s / 6s Plus / 6 / 6 Plus / 5s / 5c / 5 / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応
飛行機にも電源ついてるし空港から街までのバスにもついてたからね、けどこのデカさが後で役に立ったんや。
容量いらないっていったけどこれの半分くらいは必須だと思う、さすがに朝から夜までいたらカメラとスマホの充電切れちゃう。
DHの会場にも一応充電できるとこあったけどさすがにそこにずっといるわけにもいかんしね。
スマホ何にそんな使うんておもうやろうけど会場の小さなイベント情報とか全部Twitterで流れてくるからそれの確認によく使ってた。
会場アナウンスとかないし、大会情報も簡単なスケジュールが数か所にあるだけで全然役にはたたんからね。
3歩歩くと全部忘れる僕には試合情報とか確認するのに必須やったね、大活躍。

あー、あとはWi-Fiレンタルしていったほうがよかったなーとは思った。
DH会場とかホテル、空港やマクドには大体フリーのWiFiあるんやけどバス停とかにはないから行き先とか発音不明の場所だった場合かなり苦労する。
レストラン入るも英語とスウェーデン語で全然わからんかったし。
まあ最終的には全部気合でなんとかなったから気合さえあればなくても可。
パンツとクレカさえあれば旅行はできるんやなって思った。


四天王って書いたけど4人目おらんかったわ。
クレカかな?スマホかな?思いついたら発表します、たぶん行こうって思った僕の行動力と勇気が4人目であり大将やと思うわ。

ジャパネットむじおみたいになったな。
旅立ち編へ続く

スポンサードリンク